どうして年をとると老眼になるの?
老眼の原因

老眼は、なるまでは全く意識しなかったりしますが、なってみるとすごく不便ですね。

最近は特にスマホが原因で、老眼が早く進む方が多いようです。3-40代の方のスマホ依存度も進んでいるんです。

老眼はどういうしくみでなるのでしょう?

老眼は、正確には「老視」と言います。加齢によって、眼球の中央でレンズの役割を果たしていた水晶体がだんだん硬くなり、筋肉から毛様体に引っ張られても、ピッタリ調節することが難しくなってきます。これが老眼と言われるものです。

この、水晶体の調節力の減少は20代から始まっています。

老眼の原因

明るいところでははっきり見えても、暗くなると見難くなったり、手元の文字が滲んで見えたりし始めたら注意しましょう。

また、元から近視や乱視の方も、眼鏡をしているせいで気がつくのが遅れたりします。ちょっと合わないな、と思ったら早めに眼科を受診しましょう。

メガネが合わないままかけていると、悪化してしまいます。無理な見方を続けていると、肩こりや頭痛など、他にも悪影響が出てきます。抵抗があっても、早めに老眼鏡を用意しましょう。

老眼は予防できない?

年令によるものですから、なかなか完全な老眼予防は難しいですが、遅らせることは期待出来ます。

一般に、ブルーベリーが視力回復に良いと言われていますが、ブルーベリーよりもさらに成分の濃いビルベリーという果実が、サプリメントの原料に使われています。果実がブルーベリーよりも柔らかいため、生では輸入が難しい果実です。

ビルベリーは第二次世界大戦中に、イギリス空軍のパイロットが視力をはっきりとさせるためにビルベリージャムを食べたという話もあり、医学的にもラットでの実験で、ビルベリー摂取が加齢黄斑変性といった眼の病気を阻害、および回復させるという実験結果が発表されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です